赤ちゃんの健康SUPPORT|葉酸サプリで成長を助ける

医者

最近の不妊治療について

診断で流産を防げます

病院

着床した受精卵が最後まで育たず、妊娠中に流産や死産という結果になってしまうことは現在でも少なくないと言えます。このような場合には、受精卵に染色体異常が生じている可能性が高いのです。不妊治療を行う一部の医療機関では、こういったケースを避けるために、事前に受精卵の染色体を調べる着床前診断を行っています。 着床前診断は、受精卵が着床する前の段階で行われます。従って、羊水検査のような負担やリスクがなく、精神的にも大分楽に診断を受けることが出来るのです。高齢出産が増えている現在では、胎児の成長に不安を持つ方も多いと言えます。そのような場合には、不妊治療の段階で着床前診断を受けておくと不本意な流産や中絶を避けることが出来るのです。

広く試みられるでしょう

母体の年齢が高くなると、実際、卵子に染色体異常が生じる可能性は高くなります。従って、高齢妊娠の場合には習慣的な流産も自然増えてくるわけです。このような状況の中で着床前診断は、女性の負担を軽減してくれます。予め染色体をチェックして選別することが出来るため、より良質な受精卵を選ぶことが出来るのです。 こういったメリットは、高齢妊娠や高齢出産が増えている状況の中、非常にニーズを高めていくと予想されます。希望の持てる受精卵を選ぶことが、不妊克服のための第1歩と捉えられていくと考えられるのです。不妊治療が様々な医療機関で広く行われるようになっている現在、着床前診断を取り入れる産婦人科の増加が見込まれます。